人類みなポケ勢

食う寝るポケモン

【ポケモンSM】第二回ファクトリーオフ 雑記

 

 

 

おはようございます。ソルトンです。

 

 

5月4日に開催されたファクトリーオフで使用した構築二つをざっくりとご紹介。

 

 

~シングル~

 

 

 

 

 

 

f:id:Saltn:20170524211811g:plain  f:id:Saltn:20170524212112g:plain

リザードン→メガリザードン

もうか→ひでり

ひかえめ

@メガストー

172-xxx-20-76-124-116

かえんほうしゃ ソーラービーム オーバーヒート めざめるパワー(氷)

 

晴れオーバーヒートでH191メガガルーラ超高乱数1

めざ氷でH183ガブリアス超高乱数1

A177メガガルーラすてみタックル確定耐え

C147カプ・コケコのフィールド下10万ボルト超高乱数耐え

 

使いたかったメガ枠。火力が申し分なく、フェアリー環境で刺さってるのではないかと思い使用。耐久もそこそこあり器用さがあったため、今後も使っていこうと思いました。

 

 

 

f:id:Saltn:20170524213457g:plain

ヒードラン

もらいび

ひかえめ

@ホノオZ

244-xxx-4-252-4-4

かえんほうしゃ ラスターカノン めざめるパワー(氷) ほえる

 

ぶっぱ

 

リザードンと合わせて炎枠が2体となってしまうものの、相性補完が良く、日照りと合わせて水の一貫性も消えるので2体いても役割が被ることは無かった。トリルターンをみがまもで稼がれるのを嫌ってほえるを採用。炎ZはZ枠が余ったため。炎技を受けに来る後続に火焔放射Zを当てて受けを成立させなくする。

 

 

 

f:id:Saltn:20170524214002g:plain

カプ・コケコ

エレキフィールド

おくびょう

@こだわりメガネ

4-xxx-0-252-0-252

10まんボルト マジカルシャイン めざめるパワー(氷) ボルトチェンジ

 

ぶっぱ

 

上から殴れるポケモンその1。トリルと相性が悪く感じる方も多いと思いますが。トリルスイッチの構築なため速いポケモンがいてもさほど邪魔にはならない。今回の構築は火力を求める傾向にあったため眼鏡での採用。

 

 

f:id:Saltn:20160409210242g:plain

霊獣ランドロス

いかく

いじっぱり

こだわりスカーフ

36-252-4-xxx-20-196

じしん ストーンエッジ はたきおとす とんぼがえり

 

準速フェローチェ抜き

 

上から殴れるポケモンその2。コケコと合わせてとんボルの流れを作れるようにした。

 

以上!

 

 

f:id:Saltn:20160409183001g:plain

クレセリア

ふゆう

ひかえめ

@オボンのみ

220-xxx-0-228-0-60

サイコキネシス こごえるかぜ めざめるパワー(地) トリックルーム

 

めざ地でH198ヒードラン確2

S-1準速メガボーマンダ抜き

 

まず控えめであるということ。クレセリアでさえ火力を求めた結果である。次にめざ地面。ヒードランに刺すつもりであったが、バンドリに刺さることが多く、トリルと合わせてドリュウズを上から殴りにいく。

 

 

f:id:Saltn:20170524215212g:plain

ローブシン

てつのこぶし

ゆうかん

@いのちのたま

68-252-124-xxx-60-0 (S個体値0)

アームハンマー はたきおとす れいとうパンチ マッハパンチ

 

10n-1

C147カプ・コケコのマジカルシャインと珠ダメ耐え

 

最期にパーティの補完として入ったポケモン。火力は言わずもがな。

 

 

 

~WCS~

 

 

f:id:Saltn:20170524221631p:plain

 

 

 

f:id:Saltn:20170524225549g:plain

ガブリアス

さめはだ

ようき

@ジメンZ

0-252-4-xxx-0-252

いわなだれ じしん どくづき まもる

 

ぶっぱ

 

キュウコングレイシアで使用していたものをそのまま使用したが竜技があってもよかったかもしれない。

 

 

 

f:id:Saltn:20170524230336g:plain

ウインディ

いかく

おくびょう

@オボンのみ

204-xxx-44-4-4-252

かえんほうしゃ バークアウト おにび あさのひざし

 

前回記事参照

 

 

f:id:Saltn:20170524230618g:plain

テッカグヤ

ビーストブースト

いじっぱり

とつげきチョッキ

180-148-28-0-124-28

ヘビーボンバー タネばくだん じしん かえんほうしゃ

 

A-1ヘビーボンバーでH177カプ・テテフ確1

A205ギガイアスストーンエッジを超高乱数耐え

C147カプ・コケコのフィールド下10まんボルトを超高乱数耐え

 

最近また流行りだしたポケモン。火力、耐久ともに使いやすく、1:1交換は確実。

 

 

f:id:Saltn:20170524214002g:plain

カプ・コケコ

エレキメイカー

おくびょう

@いのちのたま

0-xxx-4-252-0-252

10まんボルト マジカルシャイン めざめるパワー(地) まもる

 

ぶっぱ

 

これといったことは無いが、ウツロイドが重かった名残でめざ地

 

 

f:id:Saltn:20170524231748g:plain

カプ・テテフ

サイコメイカー

ひかえめ

こだわりスカーフ

0-xxx-0-252-4-252

サイコキネシス ムーンフォース めざめるパワー(地) 10まんボルト

 

ぶっぱ

 

ガブリアスより速いポケモンに総じて弱いため、それらに上をとるためにスカーフで採用。高火力を上からぶっぱするには安定感がありますね。

 

 

 

f:id:Saltn:20170524232223g:plain

カビゴン

くいしんぼう

ゆうかん

@イアのみ

148-76-212-xxx-68-0 (S個体値0)

おんがえし 10まんばりき はらだいこ リサイクル

 

トリル対策で投入。コータスにも強く、キュウコングレイシアに入れていたときも大活躍でした。

 

 

 

 

 

こんな感じでしょうか。質問があれば@bwSaltnまで

 

 

 

 

 

【ポケモンSM】WCSレート習作 〜キュウコングレイシア〜

 

 

おはようございます。ソルトンです。

 

久しぶりの記事の更新となります。

 

サンムーンの発売以降、WCSレートに潜っていました。

 

今回の記事は一番最初に作ったパーティの紹介と環境の所見、使用感、感じたことを書いていこうと思います。

 

自分が感じたことをただただ書き連ねていくだけなので参考にならないと思いますが、それでも興味のある方は読んでいただければ幸いです。

 

さて、ポケットモンスターサンムーンの発売以前にまで遡ります。アローラキュウコン(以下、キュウコンR)が発表されてから「ユキノオーと組ませてノオーキュウコンを使いたい!」と思ってきました。

 

ところが、アロー地方にはユキノオーは出現せず、構築はお蔵入りするかと思われました。

 

しかし、キュウコンRの夢特性がゆきふらしと発覚するや否や、グレイシアと組ませてキュウコングレイシアを組ませることに方針転換しました。

 

構築紹介

 

 

 

キュウコンR

ゆきふらし

おくびょう

@きあいのタスキ

C252 D4 S252

148-xxx-96-133-120-177

ふぶき、フリーズドライ、オーロラベール、まもる

ぶっぱ

 

新技、オーロラベールを引っさげリージョンフォームになって登場。後述のグレイシアと合わせてキュウコングレイシアの並びを作る。

初手に出してタスキを盾にオーロラベールを貼り、吹雪でビートしていくのが仕事だが、今作から追加された強力な天候要因のペリッパーコータスに後投げされて貼れない展開が多かった。

 

 

 

 

 

グレイシア

ゆきがくれ

ひかえめ

@のんきのおこう

H252 B76 C180

172-xxx-140-190-115-85

ふぶき、シャドーボールれいとうビーム、みきり

A実数205メタグロスのコメットパンチを上から乱数2つ切って耐える

 

ゆきがくれとのんきのおこうを合わせて命中率を72%に抑えることができる。前作までは猛威を振るっていたが、今作で追加されたZワザが必中であることにより少々向かい風気味。

ただしこのポケモンは確信をもって強いと言える。

 

 

 

 

 

ガブリアス

さめはだ

ようき

@ジメンZ

A252 B4 S252

183-182-116-xxx-105-169

じしん、いわなだれ、どくづき、まもる

ぶっぱ

 

クレセリアボルトロスランドロスのいない現環境では最強との呼び声が高いポケモンだが、ガブより速いポケモン、特にビーストブーストで火力を上げたUB(カミツルギ、ウツロイド等)には弱く、過信は禁物である。

ジメンZにより単体地面技を擬似的に取得。見方を撒き込んでの攻撃をせずに地面技を撃てるようになり、盤面を選ばなくなったが、使うタイミングに注意。

 

 

 

 

 

ウインディ

いかく

おくびょう

@オボンのみ

H204 B44 C4 D4 S252

191-xxx-106-121-101-161

かえんほうしゃ、バークアウト、おにび、あさのひざし

A実数134水泡オニシズグモの威嚇込みアクアブレイクを中乱数で耐える

 

いかく要因兼、物理受けサポート。

アローラダブルで使用できる威嚇ポケモンは三体存在し、その中でもキュウコングレイシアが重たい鋼をケアすることのできるウインディを選択した。

あさのひざしを守るに変えてもいいかもしれない。

 

 

 

 

カプ・コケコ

エレキメイカー

おくびょう

@こだわりメガネ

C252 D4 S252

145-xxx-105-147-96-200

10まんボルトマジカルシャイン、めざめるパワー(氷)、ボルトチェンジ

 

デンジュモクの火力をサポートし、不利なフィールドを上書きする役割を持つ。特殊火力は低いので持ち物は眼鏡。ガブリアスをめざパ氷で確定にしたのもある。それくらいか。

 

 

 

 

 

デンジュモク

ビーストブースト

おくびょう

@いのちのたま

C252 D4 S252

158-xxx-91-225-92-148

10まんボルトエナジーボール、めざめるパワー(地面)、まもる

 

高火力の電気技をぶっぱするポケモン。長所を活かすなら放電を入れるのが理想だが、パーティ内で電気を無効にできるポケモンガブリアスしかおらず、安定した場面があまり無いと判断しやむなく10万ボルトにした。

ダウンロード対策でDに4振っている。

 

 

 

 

~まとめ~

カロスダブルのときも感じたが、限られたプールで考える構築はとても楽しいです。メガシンカが使えないのも新鮮味がありますし、今まで見なかったポケモンがフィーチャーされたりと今までになかった要素が詰め込まれています。

しばらくはレートを気にせず潜り続けてWCSに慣れていこうと思います。この記事をきっかけに皆さんもアローラダブルに挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

 

ファクトリーオフオフレポ&構築記事

 

 

 

 

おはようございますソルトンです。

 

 

 

GW真っ只中である5月4日(水)に板橋区立文化会館で行われた、Refuさん、ハヤシさん主催のファクトリーオフに参加してきました。

 

 

ファクトリーオフは、レンタル大会、シングル大会、実況者ジム(見学参加)の三つの部門に分かれており、自分はその中のシングル大会に参加してきました。

 

 

 

~以下オフレポ

 

 

 

 

ファクトリーオフ前日までさかのぼる。

 

 

いつものように対戦オフのつもりで準備をしていたのだが、ふとあることに気付く。

 

(((明日って普通の対戦オフと違って初めてのオフ参加の方が多いのでは?)))

 

そう思い、ツイッターにこのようなつぶやきを投稿

 

 

 

f:id:Saltn:20160511170425p:plain

 

 

 

こちらのツイートがなんと50リツイートをまで伸び、有名な実況者の方にもリツイートしていただきました。

 

オフ初参加の人に、対戦オフの持ち物はこういうものだよ。というのを伝えるために勝手ながら拡散させていただきました。

 

 

 

さてファクトリーオフ当日。いつもの対戦オフより受付が早いため朝6時に起床。いつものように体調が悪い。

 

 

追い打ちをかけるように雨風が強い・・・

 

 

前の日の夜に持ち物のことを呟いておきながら3DSを忘れそうになる私w

 

 

少し気持ちを緩めて参加するので嫁ポケのブラッキーを持参!

 

 

 

f:id:Saltn:20160511165714j:plain

 

 

 

会場最寄りの大山駅に到着し、友人らと合流して会場に向かうとそこにはすでに大勢の人だかりが!

 

 

そうこうしているうちに開場し、シングル大会の受付を済ませ会場へ。

 

 

 

シングル大会受付のJPN氏「来るの早くない!?」

 

 

 

10時ごろ、予定通りの時間に実況者ジムとレンタル大会が始まり、私は駆け足で実況者ジムのブースへ。

 

 

第一部の実況者さんは、グラさん、あみゅさん、バッヂさん、ライバロリさんです。

 

 

私はあみゅさんの列に並びました。

 

 

各部先着20人まで(各実況者先着5名まで)勝利した方には記念ジムバッジがプレゼントされるとのことでした。

 

私は前から5番目だったので前の4人が全勝してももらえる好位置に!

 

この日ポップチャンネルも会場に入り、実況者ジムの配信を行っていました。

 

配信される実況者がローテーションで変わり私の試合が配信されることに!

 

あみゅさん「ソルトンさんじゃないですか~。オニゴーリのカード貰って以来ですねw」

 

f:id:Saltn:20160511170040j:plain

 

vsあみゅさん戦BVコード:WMXW-WWWW-WW4X-LKM6

 

結果は見事勝利し、あみゅさんに初の黒星をつけました!

 

 

 

f:id:Saltn:20160511170350j:plain

 

 

 

そんなこんなで午前中を観戦やおしゃべりで過ごし、午後からはいよいよシングル大会。

 

 

私はセンリブロックになりました。

 

 

8人8ブロックの構成ですが、各ブロックに一人ずつ運営の実況者さんが配属されます。

 

私は前々から「でんそんさんとはやりたくない!(いい意味で)」言ってきましたが、この日でんそんさんは家庭の事情で来られないことに・・・

 

 

そこで急遽一般参加で来る予定だった日々々々さんが運営で参加することに。

 

 

すると今度は「日々々々さんとは当たりたくない!(いい意味で)」と言う私w

 

 

そんなこと言ってたらあっさりとフラグ回収www

 

 

いよいよシングル大会の幕開けです!!

 

 

 

~以下構築記事~(※オフレポが続くので、そちらを見たい方は構築記事を飛ばしてください。)

 

 

 

f:id:Saltn:20160505165235p:plain

 

 

 

 

 

f:id:Saltn:20160320233056g:plain   f:id:Saltn:20160320234120g:plain

 

ガルーラ♀(LIVE or DIE)

特性:きもったま→おやこあい

性格:いじっぱり

持ち物:ガルーラナイト

メガ前:181(4)-161(252)-112(92)-xx-101(4)-130(156)

メガ後:181-194-132-xx-121-140

ひみつのちから かみくだく ドレインパンチ ねこだまし

選出率:63%

A:ぶっぱ

B:A特化メガガルーラすてみタックル耐え

S:メガ後最速75族抜き

 

もはや説明するまでもないポケモン。今回の活躍は、ドレインパンチで受けにきたポリゴン2やナットレイをなぎ倒していったことです。ドレインパンチがこれだけ刺さるんですから、これはABガルーラ流行りますわ・・・。

 

 

f:id:Saltn:20160320235806g:plain

ファイアロー♂(ボレアス)

特性:はやてのつばさ

性格:いじっぱり

持ち物:こだわりハチマキ

153-146(252)-92(4)-xx-89-178(252)

ブレイブバード フレアドライブ とんぼがえり はねやすめ

選出率:100%

AS:ぶっぱ

 

説明するまでもないスイーパー。今回はスイープするだけではなく、高火力でごり押し、ガルーラでスイープする手法もとった。

とにかくブレバを撃ってれば強いポケモンだと痛感した。

 

 

 

 

f:id:Saltn:20160321003859g:plain

カバルドン♂(カバお)

特性:すなおこし

性格:わんぱく

持ち物:ゴツゴツメット

212(252)-133(4)-187(252)-xx-92-67

じしん がんせきふうじ なまける ふきとばし

選出率:50%

HB:ぶっぱ

 

主にガルーラガブリアスなどを受けるポケモンでしたが、私のブロックでガブリアスは1体、ガルーラは見かけなかった。

それでも選出率が高いのは、受けよりも攻めが重視されたためである。

 

 

 

f:id:Saltn:20160321005615g:plain

ジャローダ♂(フェンネル

特性:あまのじゃく

性格:おくびょう

持ち物:きあいのタスキ

150-72-117(12)-126(248)-104-180(248) (※V-0-V-U-9-U)

リーフストーム めざめるパワー(炎) ミラーコート へびにらみ

選出率:25%

CS:ぶっぱ

B:残り

D:C190メガゲンガーシャドーボールが84~99

 

しばらくボルトロスだった枠がまたジャローダに戻ってきた。

使用感として、麻痺撒き要員としてはボルトロスが優秀だが、麻痺を撒いた後仕事が無いと感じたので、タスキを盾にピーキーにいろんなことができる、ジャローダの方がいと感じた。

真皇杯ラスチャレとの違いは、めざパが炎タイプになったこと、ミラーコートが入ったことである。

理由として、ナットレイが重たいこと、ミラーコートが入ったため重めの霊獣ボルトロスを安定して処理できるようになったためである。

Dの個体値を下げている理由はメガゲンガーシャドーボールの被ダメを大きくするためである。Dの個体値をVにすると被ダメが76~90であるため、返しのミラーコートでH167のメガゲンガーを飛ばせない可能性が出てくるからである。

タスキとミラーコートを警戒してシャドーボールから入ってくるパターンが多いため、Dの個体値をこのようにした。

 

 

 

f:id:Saltn:20160321133144g:plain

 Wロトム(Washrotom)

特性:ふゆう

性格:おだやか

持ち物:たべのこし

157(252)-63-130-(20)-126(4)-154(100)-123(132) (※Aの個体値0)

ほうでん あやしいひかり おにび みがわり

選出率:38%

H:ぶっぱ

B:意地っ張りメガギャラドス地震確定耐え

D:無振りクレセリアサイコキネシスを身代わりが確定耐え

  無振りC+2スイクンの熱湯を身代わりが確定耐え

S:準速キノガッサ抜き

C:残り

 

言わずもがなの魔界ロトム。今回選出率が低めなのは単純に刺さらない相手が多かったためである。

選出した試合も、一度も自傷させられなかったり、ヒート魔トム対面で負けたため、この枠をそろそろ変更するときなのかもしれない。

しかし、ラスチャレ決勝Tへ導いたコイツの実力は本物である。

 

 

 

 

f:id:Saltn:20160506162816g:plain

サーナイト♀(しらゆき)

特性:トレース

性格:ひかえめ

持ち物:こだわりスカーフ

147(28)-xx-86(4)-194(252)-136(4)-128(220)

ムーンフォース サイコキネシス 10まんボルト トリック

選出率:25%

C:ぶっぱ

S:スカーフ込みで最速ゲッコウガ抜き

HBD:残り

 

実はラスチャレの試運転時にはこのポケモンラティオスの代わりに入っていた。

使用感としてはサーナイトの方がよかったが、全国への切符をかけるのにスカーフサーナイトなんて刺さるのだろうかという思いから直前にラティオスに変更した。結果として戦犯になりがちだったため、サーナイトに戻ってきた。

ラティオスと違って奇襲性は低いものの、命中安定の高火力一致技、ゲンガー、ゲッコウガを抜ける速さ、特性によるアドバンテージなど様々な点で差別化を図れる。

10まんボルトの採用理由は、重いメガリザードンYへの打点と、対面からゲッコウガを処理するためである。

ゲッコウガの処理はムーンフォースでいいのではと思う方もいらっしゃると思いますが、ゲッコウガが襷だった場合ムーンフォースを撃つと、トレース変幻自在でフェアリータイプのままなので、返しのダストシュートで落とされる。

ところが10まんボルトだと電気タイプになるので、ダストシュートの被ダメを6割程度に抑えることができる。

 

あとは受けループ対策のトリックですね~

 

臆病スカーフラティオスを使っていた時期があり、このポケモンサイコキネシスラティオスのそれを上回る火力が出るので、一貫する場面を作れば全抜きも狙える。

 

ただし、サーナイト自身の耐久が非常に低いこともあり対面からの処理が基本なので安易な受け出しはできない。なにか一つ仕事をすれば大きくアドバンテージを得られるポケモンである。先日のあめおふで優勝した某氏も使っていたので、今後注目される可能性ありか?

 

 

 

~構築まとめ~

 

 

今回の大会で私は、妥協した構築を使っていると感じた。相手依存の勝ちが多く、自分の戦術を押しつけていけなかったためである。結果は4勝3敗の2位通過、決勝トーナメント一回戦負けであったが、予選で三すくみが発生し、予選を抜けたのも、ブロック内の他の人の勝敗に依存していたため、あまりいい抜け方とは言えない。

まだまだ上を目指せる実力を持っていると思うので、今後参加するオフに向けて磨いていきたいと思います。当面の目標は100人規模のオフでベスト8です!

 

最後にシングル大会運営のJPNさん、てのりさん。大会参加運営の8人の実況者の皆さま。対戦してくださった方、ありがとうございました。

 

 

 

 

オフレポ続き~

 

 

そんなこんなで悔しーとかいいつつ会場内を闊歩していると友人を発見。誰かにサインをを求めているようだ。

 

よく見ると、WCS2015世界チャンピオンのビエラさんである。

 

私もダブルバトルを少しかじっており、ビエラさんに影響されてダブルバトルを始めた節もあるのでサインを求めた。

 

快く快諾してくださり、大喜びの私w

 

すると横にいたJPNさんから「ソルトン君だー!!!(声がデカイw)」という声が。

 

立て続けに「ビエラさんいるよ!やらないの?」と・・・

 

 

 

 

つまり・・・

 

 

 

 

ビエラさんとGSルールで対戦しないのか?ということである!

 

ダブルバトルをやってる身としてこんなチャンス一生に一度あるかないかという場面!

 

ビエラさんも大丈夫とのことなのでシングル大会より緊迫感のある対戦がひっそりと始まるw

 

内容は型バレがあるため伏せますが、私の感想は

 

 

 

スカーフドーブルが猫だましを撃って得られるアドバンテージの大小に差があり、必ずしも強いとは限らない!

 

 

 

といった感じである。

 

前半はやや押してたが、やはりスカーフドーブルが勝敗を分けた。

 

結果は当然のように負け。ビエラさんはその日の試合全勝だったようである。

 

その後予定も無くなったので友人の対戦を観戦したり、初めましての方とおしゃべりをして交流を深めたりしてました。

 

 

 

 

 

 

楽しかった一日もそろそろ終わりとなるころ、シングル大会の三位決定戦と決勝戦を皆で観戦することに。

 

 

 

シングル大会三位決定戦は、スギタクさんvs実況者のわっきぃさん。

 

わっきぃさんはサイクル厨の・・・という動画を投稿しており、今回使用していたパーティもサイクルパであった。

見事サイクル戦を制し、わっきぃさんは堂々の3位となった。

 

 

続く決勝戦は、てんぽいさんvs実況者の日々々々さん。

 

てんぽいさんは決勝トーナメント一回戦で私の対戦相手であった。ネオラント入りのパーティを使用し、ここまで上がってきた実力は本物か?

 

対する日々々々さんは予選で私と同ブロックであった。日々々々さんらしく、いい意味で変なポケモンを使い、準決勝でわっきぃさんを倒し、決勝戦へと駒を進めた。

 

結果は日々々々さんの圧勝に見えた。盤面を完全に自分のものとしていた。

 

 

 

 

二人ともお疲れ様でした!ネオラントのSは91、覚えました!

 

 

 

 

続くレンタル大会の三位決定戦、決勝戦はとても楽しませていただきました!

 

三位決定戦ではサザングロスミラーでした。普通の大会なら強い並びではある。

しかし普通ではないのがレンタル大会。

ポケモンスタジアムのレンタルポケモンを想像していただければ話は早い。

しかし、選手たちは立ち回りでうまくカバーし会場を大いに湧かせてくれた!

 

 

決勝戦はサザングロスvsメガガルーラであった。メガガルーラの突飛な型にも翻弄されずにサザングロス側が勝利!

 

 

 

 

これですべての工程を終え、主催のあいさつを最後に第一回ファクトリーオフは閉幕しました。

 

 

 

最後になりますが、ファクトリーオフを通じて知り合った方々、運営の皆様、古くからの知り合いの皆様、本当にありがとうございました。 

 

第二回があればもちろん参加したいと思いますし、シングル大会は消化不良なので、次回は優勝を目指して頑張りたいと思います。

 

ありがとうございました!!

 

 

f:id:Saltn:20160511171038j:plain

 

 

Harvest 2nd 4-4構築反省記事

 
 
 
おはようございます。ソルトンです。
 
 
 
4月2日(土)に、パサーさん主催のHarvestという対戦会に参加してきました。
 
 
 
結果は国分ブロック4勝4敗(順位は不明)
 
 
 
前回のHarvestは2勝6敗だったので、汚名返上できたかな?といった感じでしょうか(笑)
 
 
 
 
~以下構築記事~
 
 
 
 
 

f:id:Saltn:20160407030101p:plain

 
 
 
 
※以前のラスチャレの構築とほとんど同じなため、変更の無い部分は省略させていただきます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

f:id:Saltn:20160320233056g:plain  f:id:Saltn:20160320234120g:plain

ガルーラ♀(LIVE or DIE)

選出率:87%

 

言わずと知れたパーティの核。ここ最近このポケモンを使用したことでわかったことが2つある。

①格闘が弱点のポケモンガルーラのみにすることで、相手に格闘タイプ、もしくはサ   ブウエポンに格闘技のあるポケモンを強制選出させる

例:バシャーモヘラクロスゲッコウガルカリオキノガッサ等々

②一致技を受けにくるポケモン。または、ゴツメ持ちの選出を強制させる

例:ゲンガー、ナットレイブラッキースイクン、ポリゴン2、クレセリアクチート等々

である。

このポケモンがいるだけで選出を誘導できるので、盤面の強さのみならず、盤外でも強いポケモンである。

 

 

 

f:id:Saltn:20160320235806g:plain

ファイアロー♂(ボレアス)

持ち物:いのちのたま→こだわりハチマキ 

選出率:50%

はねやすめ→ねごと

 

使っててブレバしか撃つ機会がないと思ったため、思い切ってハチマキに変更した。

ねごとを採用した理由は、最近素催眠ゲンガーが増えたためである。

Sラインをどこまで下げようか迷ったが、ミラーで負けたくなかったので準速のままにした。

 

 

 

 

f:id:Saltn:20160321003859g:plain

カバルドン♂(カバお)

選出率:37%

S44振り→HBぶっぱ

ふきとばし→どくどく

 

やはりガルーラクチートを止めるポケモンといったらコイツ!

クチートにゴツメを叩き落とされてもタイプ一致の地震で仕事ができる。

クチートの入っているパーティにはクレセリアが多く、クレセリア相手にも仕事ができるようにどくどくに変更。

さらに、トリル展開時にクチートから上をとれるようにSを無振りに。

Sラインは正直迷いました。クチート抜きまで振れば、トリル展開には弱いものの、マリルリから上をとれ、少し落とせば下降補正無振りのギルガルドに下をとれたりするが、マリルリには相性が悪く、最近のギルガルドに最遅はいないと思ったため無振りにした。

 

 

 

 

f:id:Saltn:20160327005311g:plain

ボルトロス

選出率:37%

きあいだまめざめるパワー(氷)

わるだくみ→ちょうはつ

 

※調整は第3回JPNOPEN構築記事を参照

bwsaltn.hatenablog.com

 

 

攻めよりも受けの仕事をしてほしかったため、穏やかではあるものの保守的な技構成にした。

ちょうはつはバトン展開の構築を崩すために採用。(マジックコートは聞いてない)

このポケモンは麻痺を撒く以外に仕事がほとんどなかっため、後で解雇通知を渡しておくことにしよう。

 

 

 

 

f:id:Saltn:20160321133144g:plain

ロトム(Washrotom)

選出率:75%

 

ラスチャレで無類の強さを誇ったポケモンですが、今回欠点が見つかりました。

身代わりを張る前にどくどくを入れられると非常に辛い。

有利対面のはずのマンムーにどくどくを入れられて負けた試合もあった。

負けた4試合のうち2試合はWロトムにどくどくが入った試合だった。

 

 

 

 

 

f:id:Saltn:20160321140140g:plain

ラティオス♂(Air.F)

持ち物:こだわりスカーフ→こだわりメガネ 

選出率:12%

 

麻痺撒き要員がゲンガーやゲッコウガに少し強くなったためスカーフから眼鏡に変更した。

めざパ炎を持っているが、撃つ相手がナットレイしかいない上に、波乗りを撃ちたい相手が多かったため波乗りに変更も一考。あとゲンガーとの同速対決に勝ちたい。

 

 

 

 

 

~最後に~

 

 

 

言葉足らずの記事でしたが、最後まで読んでいただきありがとうございます。

まだまだ発展途上の構築なのでどんどん尖らせていきたいと思います。

 

大会前日に試運転にお付き合いいただいた皆様ありがとうございました。

 

 
 
 
 
 
 
 
Twitter:@bwSaltn 

JPNOPEN2-5構築反省記事

 

 

 

 

 

3月26日(土)に、じゃぱんさん主催のJPNOPENに参加してきました!

 

JPNOPENは前々から参加したかったものの、なかなか日程が合わず、参加できない状況が続きましたが、今回ようやく参加することができました!

 

 

 

~JPNOPENとは~

簡単に言うと過去作使用可能の対戦オフです。(XY、ORASで再現できない、絶対零度を覚えたスイクンや地球投げを覚えたガルーラなど)

またサブイベントではBW2の対戦会が行われています。

 

 

 

結果は2勝5敗と振るわなかったものの、過去作解禁ルールというものを感じることが出来たので、他のオフとは違う感覚を楽しむことが出来ました!

 

 

 

 

~以下構築記事~

 

 

 

 

 

f:id:Saltn:20160326233621p:plain

 

 

 

 

f:id:Saltn:20160320233056g:plain     f:id:Saltn:20160320234120g:plain

ガルーラ♀(ガルーラ

特性:きもったま→おやこあい

性格:いじっぱり

持ち物:ガルーラナイト

メガ前:191(84)-154(196)-101(4)-xx-102(12)-137(212)

メガ後:191-187-121-xx-122-147

ひみつのちから じしん ドレインパンチ ねこだまし

選出率:86%

H:16n-1

A:11n

BD:B<D

S:メガ後最速81族抜き

 

このパーティの核(一週間ぶり二回目)。このパーティで重めなブラッキーライコウマニューラクチートバンギラスナットレイをまとめて相手にできるように、じしん、ドレインパンチを採用。

ドレインパンチはなかなか読まれにくく、刺さる相手が多かった。特にナットレイのてつのトゲを回復分で無視できるのが強かった。

 

 

f:id:Saltn:20160320235806g:plain

ファイアロー♂(ボレアス)

特性:はやてのつばさ

性格:いじっぱり

持ち物:いのちのたま

153-146(252)-92(4)-xx-89-178(252)

ブレイブバード フレアドライブ とんぼがえり はねやすめ

選出率:14%

AS:ぶっぱ

 

ラスチャレと同じ個体を使用

http://bwsaltn.hatenablog.com/

ラスチャレに比べて選出率が低めなのが気になった。ガルーラハピナスと格闘が一貫しているにも関わらず、選出しなかったのが敗因の一つと言えようか。

 

 

 

f:id:Saltn:20160327004858g:plain

ハピナス♀(GEAR4)

特性:てんのめぐみ

性格:おだやか

持ち物:きれいなぬけがら

335(36)-xx-58(220)-95-205(252)-75

ちきゅうなげ れいとうビーム でんじは たまごうみ

選出率:29%

H:16n-1

B:残り

D:ぶっぱ

 

過去作要素である化身ランドロスをメタる枠として採用。特性天の恵みは冷Bで凍る確率が20%とメガガルーラより高く、試運転時には一試合に三回凍らせたこともあった。珠力ずく化身ランドロスきあいだまが低乱数3発という驚異の硬さ。役割破壊のきあいだまが怖くないので有利な相手にはバシバシ出していける。

しかし、ガルーラと弱点が被っているためガルーラを立ち回りにくくしているポケモンともいえる。

 

 

 

f:id:Saltn:20160327005311g:plain

化身ボルトロス(あま☆なつ)

特性:いたずらごころ

性格:おだやか

持ち物:オボンのみ

184(236)-xx-102(96)-147(12)-132(156)-132(4)  (※V-xx-U-V-V-V めざ氷個体)

10まんボルト きあいだま でんじは わるだくみ

選出率:71%

H:4n

B:オボン込みで特化メガガルの捨身耐え、特化メガバシャのフレドラ耐え

D:珠ゲッコウガの冷Bを超高乱数耐え、眼鏡ライコウの10万最高乱数2連切耐え、

  珠化身ボルトロスの10万で81.3%でオボン発動

 

ガルーラスイクンより速い相手を電磁波で縛る為に採用。図太い、穏やかの二択ではあったが、めざ氷を撃ちたい相手があまりおらず、悪だくみを積んで気合玉を当てる仕事の方が多そうだったので穏やかにした。気合玉2連外しをした試合もあれば、6連当てをした試合もある。また魔界ロトムを無傷で突破した試合も...。自覚があるのかないのか...。

 

 

 

f:id:Saltn:20160327005513g:plain

スイクンスイクン

特性:プレッシャー

性格:おくびょう

持ち物:たべのこし

207(252)-xx-135-110-136(4)-150(252)

ねっとう どくどく まもる みがわり

選出率:57%

HS:ぶっぱ

 

過去作解禁で一番の脅威となる零度スイクンをメタるための枠。上をとってまもみがで零度のPPを枯らす。

この枠がスイクンである点は、相手のスイクンから有効打がないことと、HPが207あるため、ガルーラの一回目の地球投げでみがわりが壊れないところにある。

JPNOPENに出る際は少しでも偽装するために色違いは必須。

 

 

 

f:id:Saltn:20160321140140g:plain

 ラティオス♂(Air.F)

特性:ふゆう

性格:おくびょう

持ち物:こだわりメガネ

157(12)-xx-100-181(248)-130-177(248)  (※V-xx-V-U-V-U めざ炎個体)

りゅうせいぐん サイコキネシス めざめるパワー(炎) トリック

選出率:43%

CS:ぶっぱ

 

ラスチャレと同じ技構成ではあるが、今回はこだわりメガネを使用。パーティにハピナスボルトロスがいるためゲンガーがあまり重くなく、上をとる必要が無いためである。

私はあまりこだわり系のアイテムを使わないのだが、眼鏡ラティオスの火力は病みつきになりそうである。

 

 

 

 

 

~さいごに~

 

今回のオフでは反省すべき点が二つあります。

 

一つ目は、過去作トップメタである投げガルーラ、零度スイクン、力ずくランドロスがあまりいないことである。ガルーラスイクンは個体数こそ多いものの、上記の個体はそれほど多くないということ。それさえ知っておけば、ハピナススイクンでガンメタする必要はなかった。

 

もう一つは勝利への絶対的執着心の無さである。初戦負けはその後の試合にも響くが、切り替えができていないと自分で感じた。やる気の見えない勝負は相手にも申し訳ない。

 

 

あと、差し入れにあった通りもん饅頭、ずんだキャラメル、おにぎりせんべいおいしかったです。ごちそうさまでした。

 

 

 

勝つことは誰にでもできるが、勝ち続けることは難しい。そう胸に刻み付け、次回の対戦オフに臨みたいと思います。

 

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

Twitter:@bwSaltn

 

 

真皇杯ラスチャレ足立ベスト32構築記事&オフレポ

 

 

 

 

はじめに

 

 前々からこういった構築記事を書きたいと思っていましたが、私はレートにも潜らず、対戦オフでも結果を残せていないため、記事を書くほどにはいたりませんでした。しかし、今月19日に行われた真皇杯ラストチャレンジ足立会場にて、対戦オフ参加初となる予選突破を成し遂げ、自分で決めていたノルマを達成したため構築記事を書くことにしました。つたない文章ですが読んでいただければ幸いです。

 

 

 

 さて、今年もやってまいりました真皇杯!ポケ勢としてこのビッグな対戦オフに参加しないわけにはいかないと思いつつ日程を見てみると...

 

 

 

 

 

ラ ス チ ャ レ 以 外 行 け な い

 

 

 

 

 

という悲しいことに。

 

仕方ないのでラスチャレだけでも申請し、抽選の結果私は足立会場へ

 

...と、ここで一つ問題が

 

 

 

 

 

知 り 合 い が ほ と ん ど い な い

 

 

 

 

 

 

知り合いの多くはもう一方の池上会場に固まっているらしく、足立会場によく話す知り合いは一人二人...

 

と言ってても仕方ないので、当日の朝、駅で知り合いと合流し会場へ

 

道中にあるはずの喫煙所が無くなっていて絶望する知り合い(笑)

(足立区は条例により路上喫煙禁止)

ちなみに会場に喫煙所はない(あゝ無情)

 

そして会場に入ると異常に空気が重い、知り合いが少ないことも相まってか空気が重い

 

受け付けも済ませ、私はメガボーマンダブロックへ

 

結果は6勝3敗、ブロック2位通過で決勝トーナメント一回戦敗退

 

 

~以下構築記事~

 

f:id:Saltn:20160320225012p:plain

 

 

f:id:Saltn:20160320233056g:plain f:id:Saltn:20160320234120g:plain

ガルーラ♀(LIVE or DIE)

特性:きもったま→おやこあい

性格:いじっぱり

持ち物:ガルーラナイト

メガ前:181(4)-161(252)-112(92)-xx-101(4)-130(156)

メガ後:181-194-132-xx-121-140

ひみつのちから かみくだく ドレインパンチ ねこだまし

選出率:90%

A:ぶっぱ

B:Aぶっぱメガガルーラすてみタックル耐え

S:メガ後最速75族抜き

 

このパーティの核。こいつを動きやすくするために回りで場を固めてやる必要がある。

ゲンガーに噛み砕く、ナットレイにドレパンを撃ったりして、受けに来るポケモンを片っ端から潰しにいった。一回メガシンカせずに秘密の力を撃った試合があったが、裏のゲンガーバックを読んだと思えば...ね?

このポケモンはまだ調整の必要がある。そもそもなんで75族抜きなのか、メガガルの猫捨身耐えないじゃん!と、過去の自分に問いたい。

 

f:id:Saltn:20160320235806g:plain

ファイアロー♂(ボレアス)

特性:はやてのつばさ

性格:いじっぱり

持ち物:いのちのたま

153-146(252)-92(4)-xx-89-178(252)

ブレイブバード フレアドライブ とんぼがえり はねやすめ

選出率:40%

AS:ぶっぱ

 

苦手なポケモンを無理やり削って、ガルーラねこだましの圏内にいれたりしてくれる特攻野郎(Cのことではない)

個人的にこだわり系のアイテムを使うが苦手なため命の珠を採用

火力は十分にあるが、消耗がこの上なく激しいため、するどいくちばしやおおぞらプレートのほうがいいかもと感じたこともある。しかし、メガゲンガーへの打点が変わってくるので一長一短ではある。その場合は剣舞が欲しい...。

羽休めは次弾装填といったところ。

あとフレドラの出番がこのパーティでは無い。ナットレイに撃ちたいが、消耗が激しいため思い切って特殊炎技に変えようかとも考えた。

陽気最速も考えた。ゲッコウガに上をとられてみずしゅりけんを撃たれて負けた試合があったのと、ブレバ以外の技をうつときに110族と同速勝負を仕掛けなくてはいけないためである。

 

 

 

f:id:Saltn:20160321003859g:plain

カバルドン♂(カバお)

特性:すなおこし

性格:わんぱく

持ち物:ゴツゴツメット

210(212)-132-187(252)-xx-92-73(44)

じしん がんせきふうじ なまける ふきとばし

選出率:50%

S:4振りクチート抜き抜き

 

最近増えてきている物理受けですね。物理耐久指数がエアームドより上なのにびっくりしました。ガルーラクチートがいる試合では必ず選出し、仕事をしてくれる。

トリルクチート展開ではSに振っていることが仇となった。

ふきとばしの出番が全然ない...。

 

 

f:id:Saltn:20160321005615g:plain

ジャローダ♂(バジリスク

特性:あまのじゃく

性格:おくびょう

持ち物:きあいのタスキ

150-xx-116(8)-127(252)-115-180(248) (※V-1-U-V-U-U)

リーフストーム めざめるパワー(岩) へびにらみ リフレクター

選出率:10%

CS:ぶっぱ

ガルーラより速く、ガルーラが苦手なポケモン(ゲンガー、ゲッコウガバシャーモ、霊獣ボルトロス等々)を対面から処理していくポケモン

対面から麻痺を入れ、ガルーラで処理する流れが定石だが、バシャーモや霊獣ボルトロスは処理方法が異なる。

バシャーモ対面では必ず初手で守ってくる、そこに合わせてリフレクターを張る(実際あまり仕事しないので光の壁やミラーコートの方がいいかも)。

その後襷を盾にし麻痺を撒く。

霊獣ボルトロスは麻痺が入らないので初手リーフストームから入る。相手はめざ氷一択で攻撃してくるが、リーフストーム→めざ岩である程度削ってしまえばガルーラの猫だましの圏内に入る。

多分化身ボルトロスの方が強い。

 

 

f:id:Saltn:20160321133144g:plain

 Wロトム(Washrotom)

特性:ふゆう

性格:おだやか

持ち物:たべのこし

157(252)-63-130-(20)-126(4)-154(100)-123(132) (※Aの個体値0)

ほうでん あやしいひかり おにび みがわり

選出率:80%

参考元:魔界ロトム調整 - 野生のライコウは逃げ出した!

   :Harvest使用構築 †最強ミトム†入りウルガマンダマンムー - -定数ダメって素敵です-

 

調整はリンク先を参照

 

ロトムが刺さっている試合が多く、選出した試合はすべて先発で出していた。

苦手な相手を無理やり誤魔化すポケモンではあるが、ポリゴン2を身代わりを残した状態&無傷で突破した想定外の動きにギャラリーがどよめく。

後ろのゲッコウガバシャーモにも立て続けに麻痺を入れ見事に三タテ。

お相手には申し訳ないことをした...。

 

しかしそれもまたポケモン である。

 

 

 

f:id:Saltn:20160321140140g:plain

ラティオス♂(かがやき)

特性:ふゆう

性格:おくびょう

持ち物:こだわりスカーフ

157(12)-xx-100-180(248)-130-173(248) (※V-xx-V-28-V-24 非理想個体)

りゅうせいぐん サイコキネシス めざめるパワー(炎) トリック

選出率:20%

S:スカーフなしで最速105族抜き、スカーフ込みで準速メガボーマンダ+1抜き

 

ガルーラより速いポケモンを無理やり上からぶっ叩くためのポケモン

決勝T一回戦ではお相手にめざ炎、トリックを読まれ負けたため、やや戦犯の匂いがする。

この枠は前日まで悩んでたため時間があまりなく、今後化ける可能性も...。 

 

 

 

 

 

 

~さいごに~

 

もう一方の池上会場で参加していた知り合いが、オフ初参加にも関わらずベスト16という輝かしい戦績を残したので、私の戦績が薄れゆく羽目に(泣

 

それはそれとして、私自身初めての予選突破ということで非常に舞い上がっておりますが、まだ上を目指せる実力を持っていると思います。現在就活中の身であり、しばらくはまともにポケモンを触れない日々が続くと思いますが、また構築記事が書けるように精進していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

 

 

Twitter:@bwSaltn